headline news
Pickup news
カテゴリー  [ 歴史・人物 ]

スポンサーサイト

『 --/--/-- --:-- | カテゴリ : スポンサー広告 | コメント:- 』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『 カテゴリ : スポンサー広告 | コメント:- 』

中国人が勤労動員女性を日本軍女性兵士と誤解w

『 2014/01/27 21:40 | カテゴリ : 歴史・人物 | コメント:6
1: パロスペシャル(秋田県) 2014/01/27(月) 16:12:11.09 ID:XeCzwF+Y0


歴史学界において、この問題は長い間謎に包まれていた。90年代に入っても、抗日戦争を研究する学者の一部は、抗日戦争において旧日本軍に女性の兵士がいたことを認めておらず、日本側にも関連の記載はなかった。現地には日本人女性兵の目撃証言があるものの、それが通信兵なのか、衛生兵なのか、はたまた慰安婦なのかは現在突き止めることはできない。平型関作戦を指揮した坂垣征四郎中将は蔚県の司令部に慰安婦を従えていたという話もあるが、真相は定かではない。

それにしても、この写真に写っているように、20歳前後の女性が当時日本の軍国主義によって侵略戦争の渦中に送られていたとは、あまりにも残忍すぎる。

「中国網日本語版(チャイナネット)」 2014年1月27日
http://japanese.china.org.cn/life/2014-01/27/content_31321326.htm




http://images.china.cn/attachement/jpg/site1004/20140127/001ec949fb1b1450473a2d.jpg



http://images.china.cn/attachement/jpg/site1004/20140127/001ec949fb1b1450473a2e.jpg



http://images.china.cn/attachement/jpg/site1004/20140127/001ec949fb1b1450473a2f.jpg



http://images.china.cn/attachement/jpg/site1004/20140127/001ec949fb1b1450473a30.jpg



http://images.china.cn/attachement/jpg/site1004/20140127/001ec949fb1b1450473a31.jpg





スポンサーサイト
『 カテゴリ : 歴史・人物

【追悼】 小野田寛郎さん主催「自然塾」の思い出、語ってもいい?

『 2014/01/17 21:40 | カテゴリ : 歴史・人物 | コメント:3


小野田寛郎さん、享年91


187: ラダームーンサルト(神奈川県) 2014/01/17(金) 11:11:38.96 ID:LipWCOEQ0

数年前まで年に一回、福島県矢祭町の子供たちとサバイバルキャンプ開催してくれた。
当時東舘診療所勤務だったので付き添い(結構危険なところまで突っ込むので)してた。
火の起こしかたから始まりどうやったら効率的に火種を守るかとか。
針葉樹傷付けて樹脂松やにでロウソク造ったり・・・

子供たちには話さない貴重なお話を就寝後大人のテントで酒飲みながら話してくれた。
部下が死んでいった様子(著書にもなっているがもっとリアルに)や
フィリピン駐在米軍の飛行機が真上に飛んでいるので、現地人からの終戦の情報も
捕虜の焙りだしと思って信用していなかったこと。
今はセブ島なんかに日本の民間機がしょっちゅう飛んでいるけど、
当時はJAL/ANA直行便がなかった。たまに飛んでくる日の丸付けた4発旅客機、
たぶんハワイ航路なんかのバイカウント?見かけても、「日本の技術力では4発は無理」って
基礎知識があったから信用していなかったとか、投降5年前くらいからうすうす
感づいてたらしいけど解除命令が来ないので捕まったら戦犯扱いになるリスクも考えて
生活つづけた事など、書きためてないけど語って言っていい?




『 カテゴリ : 歴史・人物

帝国陸軍最後の軍人、小野田寛郎さん死去。 お疲れ様でした。ご冥福をお祈り申し上げます。。(`;ω;´)ゞ

『 2014/01/17 14:40 | カテゴリ : 歴史・人物 | コメント:6
1: キングコングニードロップ(愛知県) 2014/01/17(金) 08:55:15.07 ID:29cRbH650


小野田寛郎さん死去…終戦知らず比ルバング島で30年過ごす

太平洋戦争の終戦を知らずにフィリピン・ルバング島で30年間過ごした元陸軍少尉の小野田寛郎(おのだ・ひろお)さんが死去したことが16日、分かった。91歳。和歌山県出身。

死因などは不明だが、小野田さんが設立した「小野田自然塾」(東京都中央区)関係者はスポニチ本紙の取材に「亡くなったという連絡を受けている」と明かした。近く、近親者のみで密葬を営むとみられる。

小野田さんは1942年に和歌山歩兵第61連隊に入隊。44年にルバング島に派遣され、情報員の任務を与えられた。

しかし、終戦を知らずジャングルに潜伏。51年に帰国した元日本兵の証言からその存在が判明したが、作戦解除命令がないことを理由に部下とともに山中にとどまっていた。74年3月、捜しにきた元上官らの任務解除命令を受け、山を下りて救出され帰国した。

帰国後の翌75年、ブラジルに移住。原野を開拓して牧場をつくった。

84年、ルバング島での経験を生かし、たくましい青少年育成のために「小野田自然塾」を開設。キャンプ生活を通して自然の大切さや、目的を持ってたくましく生きることなど人間の本質を教えていた。

近年は都内で暮らし、国内各地で精力的に講演を実施。ルバング島での体験を振り返り、「生き続けようという目標を持っていたことで、日本に帰ることができた」などと話していた。

◆小野田 寛郎(おのだ・ひろお)1922年(大11)3月19日、男5人、女2人の7人きょうだいの四男として和歌山県亀川村(現海南市)で生まれる。
日本帰還後に移住したブラジルでは牧場で1800頭の肉牛を飼育していた。著書に「戦った 生きた ルバン島30年」(74年)。05年、藍綬褒章を受章。


74年フィリピン・ルバング島で発見され、敬礼する元日本兵の小野田寛郎さん(共同)


http://www.sponichi.co.jp/society/news/2014/01/17/jpeg/G20140117007402660_view.jpg


死去した小野田寛郎さん

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2014/01/17/jpeg/G20140117007402670_view.jpg

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2014/01/17/kiji/K20140117007402700.html





『 カテゴリ : 歴史・人物

戦前の日本女「男はお国のために死んでこいや!」 → 戦後の日本女「全部男が悪い!女はいつも被害者!」

『 2014/01/16 20:40 | カテゴリ : 歴史・人物 | コメント:6
1: 雪崩式ブレーンバスター(群馬県) 2014/01/16(木) 15:55:27.51 ID:10ZWLutc0



http://25.media.tumblr.com/1a8230f3b879735d174a2cfd7ac9290b/tumblr_mynwv7BYaD1smv403o1_1280.jpg



http://31.media.tumblr.com/6c1ba7d48fb7c056355be1b8361bef65/tumblr_mynwv7BYaD1smv403o2_1280.jpg



http://25.media.tumblr.com/ae58673c4d6df20277bbffedbfdf0289/tumblr_mynwv7BYaD1smv403o3_r1_1280.jpg

http://netouyo-db.tumblr.com/post/71733571058





『 カテゴリ : 歴史・人物

平成の侍、町井勲 「水木しげるの漫画に慰安婦と日本兵が仲良くお互いを敬う姿が描かれている!」

『 2014/01/13 12:40 | カテゴリ : 歴史・人物 | コメント:11
1: 腕ひしぎ十字固め(三重県) 2014/01/13(月) 00:40:50.89 ID:JlyJfZoJ0


水木しげる氏が描く慰安所の真実



テーマ:ブログ
従軍慰安婦問題で慰安婦の証拠?として使用されている、水木しげる氏の「総員玉砕せよ」という漫画を取り寄せてみました。
てっきり水木さん自身が、慰安婦が強制労働させられていたとか、日本軍が蛮行を行っていたということを訴える人物なのかと思ったのですが、読んでみると全く違うことに驚きました。
彼が描く戦争漫画は、氏の実体験に基づくもので、殆どがノンフィクションです。自虐史観を植え付けられ、事実とは異なる小説や漫画が描かれたその時代に、氏は真実を漫画に書き綴っています。

前置きが長くなりましたが、よく抜粋されて使用されている慰安所登場のシーンは、慰安婦肯定派に悪用されているだけだと言うことがよくわかります。

ページ(話し)には続きがあり、夕方五時に慰安所を閉店する慰安婦に対し、明日最前線に送られる七十名を超える日本兵の長蛇の列は、営業時間延長を訴えるも、慰安婦に「これ以上は身体がもたないから。」と、あっけなく断られるのです。

これは明らかに慰安婦に選択の自由があったことと、強制労働ではなかったことを裏付けていると言えるのではないでしょうか?
釣り上がった細い目と言う特徴ある顔の描き方から想像するに、慰安所の女性達は朝鮮女性ではないかと推察されますが、性交渉を断る慰安婦に対し、「身体に触れるだけでもいいから」等と冗談めいたことを口にしながら、日本兵は暴動を起こすでもなく、素直に慰安婦の意に従っているではありませんか。

【中略】

戦時中のことですから、一部の心ない将兵によって、強姦等もあったろうと思われますが、水木氏が描いた体験記には、上述の通り、
慰安婦と将兵が仲良くお互いを敬う姿が描かれていることを、僕は皆さんに伝えたく、この一文をしたためている次第です。

http://ameblo.jp/isaom/entry-11542877735.html




http://i.imgur.com/BjkUdVI.jpg



http://i.imgur.com/sOQbM8K.jpg



http://i.imgur.com/HOhdJc8.jpg



http://i.imgur.com/dXEbfBP.jpg





『 カテゴリ : 歴史・人物

【1枚の写真】 ヒトラーにただ1人敬礼しなかった男

『 2013/12/24 21:40 | カテゴリ : 歴史・人物 | コメント:0
1: ◆WorldyT4m2 @歩いていこうφ ★ 2013/12/22(日) 21:59:36.92 ID:???



http://newclassic.jp/wp-content/uploads/2013/12/august-landmesser-man-refused-salute-hitler-1936.jpg

この有名な写真をご存知だろうか?この1枚の写真は、昨年からワシントン・ポストやフランスの週刊誌「レクスプレス」などで大きな話題を呼んでいるものだ。

彼の名はアウグスト・ランドメッサー。仕事を探し求めてナチスに入党した彼は1936年6月13日に、ハンブルクの港において新しい戦艦の出航を祝うために集まった群衆の中ただ一人ナチス式の敬礼を拒んでいる。

source:THE NEW CLASSIC
http://newclassic.jp/archives/4865





『 カテゴリ : 歴史・人物

【画像】 1960年のデモ活動wwwwwwwwwww これマジ?こんな時代もあったのか…

『 2013/12/05 22:20 | カテゴリ : 歴史・人物 | コメント:0
1: ダイビングヘッドバット(岡山県) 2013/12/04(水) 16:07:48.95 ID:gPKUSShT0


60年安保・国会包囲デモ。スゴイね!ネットもない50年前。
この時代はまだマスコミも真実を?それとも、日本人の意識が高かったのかな?

http://twitter.com/manmaru358/status/405590104619507713



http://pbs.twimg.com/media/BaDyDRjCQAAy6lT.jpg:large?.jpg


その他の画像

http://showa.mainichi.jp/photos/uncategorized/2008/05/28/1960001.jpg


http://showa.mainichi.jp/photos/uncategorized/2008/05/28/1960052701.gif


http://showa.mainichi.jp/photos/uncategorized/2008/05/28/1960036.jpg


http://showa.mainichi.jp/photos/uncategorized/2008/05/28/1960037.jpg

http://showa.mainichi.jp/news/1960/05/17-ef0b.html





『 カテゴリ : 歴史・人物

【千島列島】終戦後、武装解除していた所にソ連が卑怯にも攻撃してきた島。占守島で日本兵の遺骨発見。

『 2013/09/06 23:19 | カテゴリ : 歴史・人物 | コメント:2
1: フォーク攻撃(東日本) 2013/09/04(水) 23:47:20.30 ID:fNPixxAP0


日本兵の遺骨発見 日ソ激戦のシュムシュ島
2013.9.4 23:17

太平洋戦争の終戦直後に日本軍とソ連軍の間で激しい戦闘があった千島列島最北端のシュムシュ島(占守島)の地下トンネルで、日本兵のものとみられる複数の遺骨が見つかっていたことが分かった。インタファクス通信が4日、伝えた。

発掘していたのはロシア地理学協会カムチャツカ支部の研究者らのグループ。代表のエフゲニー・ベレシャガ氏によると、遺骨は日ロ双方がこれまで未調査だった、日本側が防衛のために掘ったとみられる地下壕で見つかり、日本兵のものとみられるという。

ベレシャガ氏は既に、日本の外務省に遺骨発見の情報を提供。来年以降に同島で日ロ合同の調査を実施するとともに、遺骨が日本へ返還されるよう希望している。

占守島では日本降伏後の1945年8月18日未明にソ連軍が奇襲攻撃。武装解除を進めていた日本軍守備隊と戦闘になり、5日後の停戦協定までに双方の軍の多数が死傷し「終戦後の悲劇の島」として知られる。(共同)

http://sankei.jp.msn.com/world/news/130904/erp13090423190009-n1.htm








『 カテゴリ : 歴史・人物

【日本の誇り】 台湾人に神様レベルで感謝されている日本人がいた。

『 2013/09/03 23:19 | カテゴリ : 歴史・人物 | コメント:10
1: フライングニールキック(岡山県) 2013/09/03(火) 10:07:55.40 ID:qRayoDWY0


台湾人に神様レベルで感謝されてる日本人がいた


台湾では誰もが知っている、日本人の英雄がいる
・八田與一のことは台湾では小学校で習うから誰でも知っているらしい。英雄視されているとか。
 日本人では知る人は少ないのに。これは嬉しい!

・台湾の近代化に力を尽くした八田與一技師の銅像が台南市に建てられたとのこと。
 彼のように海外で尊敬されている日本人のことを、私たち自身がもっと知っておきたいものです。

“八田與一”は台湾では神様
東日本大震災では、ずば抜けて多かったのが台湾からの“200億円”を超す援助だった。その背景には、多くの日本人が身を粉にしながら、台湾のため働いたという歴史があり、八田与一氏はその一人だ。
八田氏は台湾の不毛の土地にダムを建設した。そのおかげでその土地に住む人々は、みな豊かになり、農民たちは自分たちの神様は八田先生だと言う。

彼が台湾で行った事業はダム建設だけではない。学校や病院を建てたり、映画鑑賞会を開いたりと、何よりも働く人々の環境を整えることに力を尽くしたのだった。

八田を記念する公園も台湾にはある












日本よりも台湾での知名度のほうが高く、特に高齢者を中心に八田の業績を評価する人物が多く、烏山頭ダムでは與一の命日である5月8日には慰霊祭が行われている。

そして、2013年9月1日、八田與一を献身的 に支えながら2男6女を育てた妻・外代樹(とよき)夫人の銅像が建立された。

http://matome.naver.jp/odai/2137810563832664901





『 カテゴリ : 歴史・人物

【嘘】 「南京大虐殺」捏造は中国と朝日新聞のコラボだった事が判明!

『 2013/08/10 12:19 | カテゴリ : 歴史・人物 | コメント:4
1: ローリングソバット(愛知県) 2013/08/10(土) 01:10:55.12 ID:PkFds7pQ0●


南京大虐殺“決定的証拠写真” 全てがおそらく合成かヤラセ

中国の歴史捏造の代名詞が「南京大虐殺」だ。1937年の南京事件で30万人もの市民が虐殺されたと中国側は主張するのに、そのおびただしい死体を目撃した者は誰もいない。中国が捏造した写真と、真実の写真を比較すれば、でっち上げが一目瞭然である。

ここに1点の写真がある。膝立ちになって首をはだけた男性を前に、兵士が左足を前に踏み出して刀を振り上げているという構図になっている。
1938年7月発行の『日寇暴行実録』(国民政府軍事委員会政治部編)、『外国人目睹中之日軍暴行』(H.J.ティンパーリ編著)に掲載され、「日本軍による処刑写真」として流布されている有名な写真だ。

しかし、この写真は粗悪な捏造写真であることが指摘されている。

亜細亜大学の東中野修道教授は、『南京事件「証拠写真」を検証する』(草思社刊)で次のように分析している。

〈刀を持つ人は、首を斬るさい、右足が前に出ていなくてはならないが、左足を前に出している。これでは刀を振り下ろしたときに、みずからの足を斬ってしまう〉〈刀を持つ男はチャンチャンコのようなものを着ているが、将校、下士官、兵を問わず、このような服装をした軍人は日本軍には存在しない〉

捏造写真について拓殖大学日本文化研究所客員教授の黄文雄氏はこう解説する。

南京大虐殺の決定的“証拠“として出回る写真のすべてがこうした類のもので、おそらくは合成かヤラセ。それがデタラメな解説とともに流通している。それを承知で写真を使いまわし、適当なキャプションを付して報じてきた反日マスコミの責任は重大だ。30万人という数字も中国共産党中央の文宣部が決定したもので根拠は何もない

ジャーナリストの水間政憲氏は指摘する。

中国が南京大虐殺を持ち出したのは1970年代に入ってから。1972年の日中国交正常化に向け、外交を有利に展開しようと歴史認識問題の利用を思いついたのです。これに乗じたのが朝日新聞をはじめとする左翼メディアだった。1971年に始まった本多勝一氏の連載『中国の旅』で大キャンペーンを張り、日本軍による南京大虐殺を国内外に喧伝しました

※SAPIO2013年8月号
http://www.news-postseven.com/archives/20130809_200094.html



参考画像


※ソース画なし。記事が指摘する画像は多分これ。。





『 カテゴリ : 歴史・人物

【日本】 昔の女性 凄すぎワロタ wwwwwwwwwwww → 現代人「」

『 2013/08/01 21:39 | カテゴリ : 歴史・人物 | コメント:0
1: チキンウィングフェースロック(北海道) 2013/08/01(木) 14:11:29.40 ID:lvXdWrBl0


ヘルベチカ(鈍感)西○行博 ?@10chf

「昔の女性は力もちでした」ってさらっと言うレベルではないと思う。




https://twitter.com/10chf/status/362777012089282560





『 カテゴリ : 歴史・人物

【東京大空襲】 外国人「こんな大量殺戮があったなんて初めて知った・・」 日本以外では全く知られていない史実

『 2013/07/29 23:09 | カテゴリ : 歴史・人物 | コメント:5
1: ローリングソバット(埼玉県) 2013/07/29(月) 13:59:59.78 ID:A2UayBWwP


「東京大空襲なんて初めて知りました」

『137億年の物語』著者、クリストファー・ロイド氏インタビュー
http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20130724/251502/


来日した時にブログで「東京大空襲を初めて知って大きなショックだった」と書いておられましたね。

ロイド:
そうなんですよ。江戸東京博物館に行って、東京大空襲について初めて知ったんです。
1945年3月10日夜、米軍のB29爆撃機が東京に焼夷弾を落として焼きつくし、10万人以上の人をたった一晩のうちに殺戮したという史実です。
広島、長崎の原爆投下で当日亡くなったとされる人数にも匹敵するではないですか。
本当にショックでした。

日本人なら大体、学校で習って知っていることです。

ロイド:
でも、海外の人間は恐らく誰も知らないんですよ。日本人以外は。
これほどのひどい大量殺戮を。信じられない。こんなことってありますか。
そういえば2003年に米国留学していた時、同級生だった米国人外交官らと、後にアカデミー賞を受賞したロバート・マクナマラ元国防長官の独白映画「フォグ・オブ・ウォー」を一緒に見ました。
そこで映像とともに東京大空襲について振り返るシーンがありますが、彼女は東京大空襲の史実を全く知らず、こんな重大な事実を学校で全く習わなかった、と大きなショックを受けていました。
米国でも、それは同じようです。

ぜひ、英語圏の方たちに発信してください。

ロイド:
もちろんです、ブログでも発信しています。実は、このようなことが世界中にあるのですよ。
たとえば1840年から、植民地だったインド産アヘンの対中輸出による三角貿易をめぐる問題で清と大英帝国が戦い、大英帝国が勝ったアヘン戦争です。英国の学校の生徒たちは、アヘン戦争については何も学ばずに育ちます。







『 カテゴリ : 歴史・人物

100年前の日本、昔の写真いっぱい \(^o^)/

『 2013/07/08 21:19 | カテゴリ : 歴史・人物 | コメント:5
1: シンガプーラ(北海道) 2013/07/04(木) 19:31:12.77 ID:IH8VNL190


【イギリス反応】
100年前の日本の写真、イギリスでオークションへ
2013年07月04日18:00

明治時代の写真家、玉村康三郎がアメリカの出版社の依頼で撮影した写真のアルバムが、イギリスでオークションにかけられました。

100年以上前の日本の人々の暮らし、さまざまな風景。当時のヨーロッパ人にももちろん珍しかったでしょうが、現代でも海外の人たちには新鮮に映ることでしょう。

これらの写真は19世紀に日本への観光客を増やすために写真家、玉村康三郎が撮影した物です。

日本で最初に観光促進用の写真という物を撮ったのは彼で、それまで鎖国のため情報がなかった日本の風景を、ヨーロッパの人々は垣間見ることができたのです。




http://cooljapaan.com/archives/30082147.html





『 カテゴリ : 歴史・人物

「中国=ジャイアン、韓国=スネ夫、日本=のび太」 異論は認める 

『 2013/07/04 00:19 | カテゴリ : 歴史・人物 | コメント:7
1: ターキッシュアンゴラ(岐阜県) 2013/07/03(水) 12:40:43.50 ID:Z8hUAazC0


中韓関係の緊密化は必然…日本が「やきもち」焼いても無駄=中国

韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は6月27日から30日にかけて、中国を公式訪問し、中国の習近平国家主席と首脳会談を行った。中国と韓国が関係を強化していることに対し、中国網日本語版(チャイナネット)は2日、「一部の日本メディアはやきもちを焼いている」と報じた。

(中略)

中国国際問題研究所の曲星所長はは「日韓関係において、関係悪化に拍車をかけるような日本の政治家の行動は、中日関係にもダメージを与える。アジア情勢も中国と韓国の接近を促すものであり、中韓関係がよりいっそう緊密化するのは必然的だ。日本がやきもちを焼くのも理解できるが、この局面を変えるには、結局のところ日本の政治家たちが誠意を行動で示し、第二次世界大戦の結果を尊重し、国際的な取決めを守る姿勢を明らかにしなければならない」との見方を示した。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0703&f=politics_0703_001.shtml


「韓中連合軍が怖くないのか」と肩をそびやかす韓国人 韓国の異様な行動を岡本隆司准教授と読む(3)

(前略)

━━お2人の話を聞きながら、ドラえもんを思い出しました。

鈴置:
のび太が日本、スネ夫が韓国、ジャイアンが中国という見立てですね。スネ夫がジャイアンの力を借りてのび太を見下す「ドラえもん」モデルをもってして北東アジアを見る日本人が増えています。

岡本:
のび太とスネ夫の関係も、ジャイアンを媒介にして見るともっとはっきり見ることができます。
のび太とジャイアンの関係は、スネ夫を媒介項にして見るのです。
ことに、スネ夫がジャイアンに従う手法はちゃんと研究する必要があります。もちろん日本はスネ夫になれないだろうし、なる必要もありませんけれど。

鈴置:
同感です。日本人と比べ韓国人は中国をよく知っています。ことに「いなし方」をです。先ほど、韓国人は中国という国家を楽観的に見過ぎとの趣旨で申し上げました。でも韓国が中国の衛星国に戻っても、何とかやっていくだろうと思いますのは、それ故です。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20130617/249779/?P=4







『 カテゴリ : 歴史・人物

日本が「承久の乱でござる」と言ってた時代、ヨーロッパには大学があり学問に取り組んでいた

『 2013/06/16 00:09 | カテゴリ : 歴史・人物 | コメント:5
1: ぬこ(やわらか銀行) 2013/06/14(金) 23:03:42.04 ID:v7bvby9h0●


皇太子さま、スペイン最古の大学で図書館を見学



サラマンカ大学の図書館を視察される皇太子さま=横山就平撮影


【サラマンカ(スペイン西部)=石浜友理】
スペインを訪問中の皇太子さまは13日午前(日本時間同日午後)、首都マドリードから政府専用機で同国西部のサラマンカ入りし、同国最古の大学であるサラマンカ大学を訪問された。

皇太子さまは、1218年に創設された同大学の石造りの建物で、精巧な木彫りの本棚が並ぶ図書館を見学。15世紀の世界地図や18世紀の水運に関する古文書を熱心に視察された。

水問題の研究者との懇談では、皇太子さまは英語で熱心に質問されていた。

(2013年6月13日20時30分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130613-OYT1T01148.htm



ちなみに世界最古の大学は、イタリアのボローニャ大学(1088年創設)です。





『 カテゴリ : 歴史・人物

故・中川昭一氏、中国のガス田盗掘に激怒、日本を護るため闘っていた(´;ω;`)

『 2013/06/06 14:51 | カテゴリ : 歴史・人物 | コメント:1
1: ぬこ(東日本) 2013/06/05(水) 23:04:41.58 ID:JcPzXE/WP


通産大臣の無礼な外交流儀

ここでは日本のもう一人の右翼政治家、中川昭一元通産大臣に触れておこう。筆者は2004年、フィリピン・マニラでAPECエネルギー大臣会合に出席した。
中川氏は同会合の出席を予定していなかったが、開幕前に突如60人余りのメディアを携えて到着し、中日韓3カ国のエネルギー大臣会談を要求した。

中国側の代表団は、招待を受けて出席した。中川氏は会談中に心にもないことを言い、さっさと会談を終わらせた。韓国側が退席すると、中川氏は筆者との一対一の会談を求めた。筆者が着席すると中川氏はすぐに、中国が東中国海で春暁ガス田を開発し、日本の領海を侵犯していると非難した。

筆者は穏やかに、中日の領海の区分に関する主張が食い違っていることを説明した。中国側は大陸棚の自然な延長を主張し、沖縄トラフを両国の領海の境界線としているが、日本側は中間線が原則として領海を区分すると主張している。この主張の不一致については、外交ルートを通じ、友好的な協議により解決策を見出すべきだ。中国は日本の中間線に関する主張を認めていないが、友好的な協議のために、中国のガス田開発は日本側が主張する中間線の中国側で行なっており、最も遠い天外天でも中間線まで5カイリの距離があり、日本の領海の権益を侵害したという問題は存在しない。筆者は、中日両国の政治家は一衣帯水の国家友好関係の高みから、同問題を適切に解決すべきだと強調した。

問題が解決されるまでは、協議により問題を棚上げにし、共同開発を進めることが可能だ。

1980年代にも、中国はこのような主張をしていた。その後さらに数回の海上油田・ガス田調査の世界的な公開入札を実施し、多くの外国企業もこれに参加した。上述した会談の前に、日本側からは反対意見が出されていなかった。

私が我慢強く説明したにも関わらず、中川氏はすごい剣幕で食ってかかった。中川氏はテーブルに置かれていたオレンジジュースを手に取り、ストローをコップの中央に置き、もう一本のストローで自分側のジュースを吸い、「おたくら中国人は、こうして我々日本側の石油とガスを吸い取っているんだ」と語った。

つづく

http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2013-06/04/content_29021894.htm



 





『 カテゴリ : 歴史・人物

【昭和の人に質問】 民主化以前の韓国ってどんな感じだったの?

『 2013/05/22 23:21 | カテゴリ : 歴史・人物 | コメント:6
1: パンパスネコ(茸) 2013/05/22(水) 07:29:15.66 ID:UMnLn6wLP









『 カテゴリ : 歴史・人物

太宰治 「芥川龍之介 芥川龍之介 芥川龍之介 芥川龍之介 ・・・・・」

『 2013/05/13 05:21 | カテゴリ : 歴史・人物 | コメント:0
1: ヒョウ(やわらか銀行) 2013/05/11(土) 23:30:11.48 ID:W2Ab69YPT●


太宰治 ノートの余白に「芥川」連ねる

「走れメロス」や「人間失格」などの作品で根強いファンを持つ作家の太宰治が、中学校と高校で使っていたノートなどが東京の文学館に寄贈されました。

ノートには似顔絵やメモ書きがあり、専門家は太宰が文学を志すまでの少年時代を知る貴重な資料だとしています。

寄贈されたのは、太宰治が中学校と高校で使っていたノートや日記など22点です。
太宰の兄で、衆議院議員だった津島文治さんからこれらを受け取った知人の遺族が、東京・目黒区の日本近代文学館に寄贈しました。

このうち、高校1年生のときに使っていたとみられるノートには、地学と思われる授業の内容のほかに、みずからが主宰した同人雑誌の表紙のデザイン画や似顔絵、それに目次の案が書かれています。

また、太宰は、芥川龍之介に傾倒していたと言われていますが、ノートの余白に芥川の名前を書き連ねた落書きも見られます。

これらのノートは、これまで部分的には公開されていましたが、日本近代文学館では、未公開のものを含めこの秋にも一般に公開したいとしています。

日本の近代文学に詳しい東京大学の安藤宏教授は「少年時代の太宰は芥川龍之介やマルクス主義の影響を受けていたと言われるが、作家になる前の資料は少なかった。太宰が文学を志すまでの少年時代を知る貴重な資料だ」としています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130510/k10014495191000.html






『 カテゴリ : 歴史・人物

「日本人は大人しい」 ← これって戦後に作られたファンタジーだよな? 明治~昭和の日本人はマジキチ狂犬、大暴れしてたよな?

『 2013/05/01 16:21 | カテゴリ : 歴史・人物 | コメント:16
1: バリニーズ(大阪府) 2013/04/25(木) 16:00:13.28 ID:JBzRinoU0


「相手の言いなり」だけが外交ではない

薩摩、大隅などを治めた島津家は関ケ原で敗れたにもかかわらず、幕府による取りつぶしを免れた。領地はほぼ無傷で安堵(あんど)された。それは島津義弘軍による凄(すさ)まじい退却戦の効果である。敗北後わずか千人の手勢で敵将、徳川家康の本陣に襲いかかった。

▼同じようなことは先の大戦でも起きた。日本は敗色濃厚となっても、特攻を繰り返すなど決死の戦いを続けた。それは米国など戦勝国を畏怖させた。このため戦後、さまざまに日本人の「骨抜き」を図りながらも、象徴天皇を残し苛烈な占領政策はとらなかったのだ。

▼そう考えると今、繁栄を享受している日本のリーダーが靖国神社を参拝、英霊たちに感謝するのは当然のことだ。いやそれだけではない。参拝によって日本人の勇敢な戦いぶりを思い起こさせる。そのことは、日本を敵視する国に対する十分な抑止力となると言っていい。

▼例によってマスコミの多くは、日中、日韓外交が悪化すると憂える。参拝を「無神経」などと批判している。だが相手の言いなりに「よい子」でいることだけが外交ではない。中国、韓国をはじめ世界のすべての国が知っていることである。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130424/plc13042403170002-n1.htm

キチガイじゃなければロシアやアメリカと戦争しねーだろ
( ・`д・´)







『 カテゴリ : 歴史・人物

(((((((( ;゚Д゚)))))))) ガクガクブルブルガタガタブルブル...アルゼンチンの洞窟に無数の手形コワー

『 2013/04/15 18:17 | カテゴリ : 歴史・人物 | コメント:0
1: ジョフロイネコ(新疆ウイグル自治区) 2013/04/15(月) 00:26:47.28 ID:a0Efop86T●


無数の手が壁を覆い尽くす、アルゼンチンのラス・マノス洞窟
2013年04月14日





アルゼンチンのサンタ・クルス州にあるラス・マノス洞窟は、
壁一面に手が描かれているのが印象的だ。
ラス・マノスは現地の言葉で「無数の手」を意味する。

洞窟内に描かれた無数の手形の洞窟壁画はテウェルチェ族の祖先に当たると思われる
先住民族によって9000年ほど前から描かれたものと言われている。

絵具には鉱物が使われており、それを吹き付けるのに使われた骨製のパイプが
見つかっているため、年代が算定が可能となったのだそうだ。

http://karapaia.livedoor.biz/archives/52124201.html





『 カテゴリ : 歴史・人物

【ナチスドイツ】 アドルフ・ヒトラーの愛人、エヴァの秘蔵写真 公開

『 2013/04/14 22:17 | カテゴリ : 歴史・人物 | コメント:0
1: ベンガルヤマネコ(東京都) 2013/04/14(日) 12:06:56.39 ID:a2t/dh/uT●


エヴァ・アンナ・パウラ・ブラウン

(Eva Anna Paula Braun 1912年2月6日 - 1945年4月30日)は、
アドルフ・ヒトラーの愛人。死の直前に結婚し、その後ヒトラーと共に地下壕にて自殺。





独裁者ヒットラーの愛人エヴァの秘密写真が公開
http://japanese.china.org.cn/life/txt/2013-04/14/content_28537118.htm





『 カテゴリ : 歴史・人物

【必見!】 江戸時代の屏風に描かれたワンコが超絶カワイイィ!!

『 2013/04/13 01:17 | カテゴリ : 歴史・人物 | コメント:1
1: 縞三毛(栃木県) 2013/04/11(木) 22:01:37.91 ID:vmpqUBFQ0


有史より、人類の最良の友として我々のそばにいてくれたワンコ。ペットとしても、またキャラクターとしても大人気なワンコだが、今、江戸時代に描かれたワンコの絵が注目されている。

ウルウルした瞳でモフっと座る小型ワンコ、これは完ッ全に可愛い! 
時を超え、今、ネットユーザーをメロメロにしているのだ!

可愛いと話題になっているのは、江戸時代の絵師・長沢芦雪の作品「白象黒牛図屏風」だ。
この屏風には白い象と黒い牛が描かれているのだが、黒い牛のお腹のあたりにご注目!
モフモフの白ワンコがちょこんと座っているのだ


投げ出された足がまたキャワイイ!「ペロッ☆」と舌を出して、ちょっと首をかしげ、今にも「きゅ~ん」という声が聞こえてきそうだ。そんな顔で見つめられたらこっちが萌え萌えキュ~ンである!

なお、この『白象黒牛図屏風』は東北地方を巡回中の「若冲が来てくれました―プライスコレクション江戸絵画の美と生命―」で、実物と現寸大のレプリカを見ることができるぞ。2013年4月現在、仙台市博物館で、その後は岩手、そして福島で展示される予定である。

それにしても、江戸時代に、こんなゆるカワなワンコ絵が描かれ、200年経った現在でも人々の心をつかみ続けるとは……今も昔も萌えキュンセンサーは変わらないのかもしれない!

http://rocketnews24.com/2013/04/11/316542/









『 カテゴリ : 歴史・人物

【歴史】100年前の日本と韓国、比較画像が切なすぎる件

『 2013/04/12 14:17 | カテゴリ : 歴史・人物 | コメント:11
65: アビシニアン(兵庫県) 2013/04/09(火) 01:58:12.98 ID:wXjpleSp0


韓国人「100年前の都市を見てみよう」


100年前のソウル


http://blog.livedoor.jp/kaikaihanno/archives/26491437.html




『 カテゴリ : 歴史・人物

【画像】100年前のアメリカが近代的すぎる件

『 2013/04/12 03:05 | カテゴリ : 歴史・人物 | コメント:2
27: ジャパニーズボブテイル(大阪府) 2013/04/09(火) 01:16:53.63 ID:2Qq2GyLW0






『 カテゴリ : 歴史・人物

【日本】 江戸末期~明治初期に撮影された美しく幻想的な風景をご覧下さい

『 2013/04/11 21:17 | カテゴリ : 歴史・人物 | コメント:1
19: サーバル(新疆ウイグル自治区) 2013/04/09(火) 01:12:26.10 ID:OPsKpDJcT


江戸末期~明治初期に撮影された「桜の風景」が幻想的で美しい




http://japan.digitaldj-network.com/articles/11730.html




『 カテゴリ : 歴史・人物
moreover
information
 推奨環境:google-chrome

 2ちゃんまとめです
 海外に関連した話題が中心です
 ご愛顧のほど宜しくお願い致します。

 サイドバー画像最新記事:
 更新反映が遅れる場合があります。
最新記事(新着順)
※パーツの仕様上、広告が混ざる事が
 あります。ご了承下さい。
人気記事ランキング
スポンサード リンク
月別アーカイブ
01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
検索フォーム
過去記事(ランダム)
※パーツの仕様上、広告が混ざる事が
 あります。ご了承下さい。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。